【モンハンワールド】狩猟笛の過去作からの変更点について思う事

モンハンワールド発売から2ヶ月ほど経ち、2018年3月22日には最初の大型アップデートが実施され、イビルジョーの追加、各武器種のバランス調整がされました!

狩猟笛の自分強化に追加された攻撃力UPの効果を検証してみた

既に多くのハンターさんがハンターランク100を越え、200を超えるの人を見かけるのも珍しくなくなりました!

ボリューム不足気味の今作、ネット上では「もうやる事ない」という声も多く出ていて、Twitterを見ていてもフォローしている人がどんどんモンハンの話をしなくなってきているのが悲しい今日このごろ( ̄▽ ̄;)

さて、そんな中私はモンハンワールドを買ってからもずっと笛を使い続けてきました。2ヶ月ほど使い続けて感じた今作の狩猟笛について思うことを書いてみます。

狩猟笛の主な変更点

MHWで改良、強化された変更

揃えた旋律効果が3つまでストック出来る様になった

過去作からずっと狩猟笛を使って来た身として1番有難いと感じるのがこれです。

音符が揃って発動出来る状態にになった旋律効果を、揃った順に3つまでストックしておく事が出来ます

ストックした旋律はいつでも好きなものを選んで吹けるので、とりあえず聴覚保護をストックしておき、いつでも吹ける状態にしつつ、合間に自分強化や体力回復を吹く。そして聴覚保護が切れる頃にストックしておいた聴覚保護を吹く、なんて事も可能です!

これまではストックなんて出来なかったので、吹きたい旋律効果がたまったら、その旋律を上書いてしまわないように意識する必要があったり、聴覚保護が切れそうなタイミングになって慌てて音符を溜め始めるなんて事もありましたが、今回その辺の苦労がだいぶ軽減されます。

また、音符のストックが出来るようになった事で、これまでイマイチ使い道が無かった回復系の旋律がかなり使いやすくなってます。回復大の旋律を3つ分ストックして、全て演奏したうえで重ねがけすれば、回復大旋律6回分をまとめて回復できちゃいます。生命の粉塵が大幅に弱体された今作、回復笛を上手く使いこなせば野良で歴戦クエストをやっていてもそうそうクエスト失敗する事はありません!(自分が死なない様注意が必要ですけど(;・∀・))

抜刀中に笛の楽譜が表示される様になった

抜刀中、画面の右上に、今装備している笛で発動できる旋律効果と音符の組み合わせが表示されるようになりました

また、発動中の効果は文字の色が変わります。

過去作では音符のパターンは覚えるかメモするかしないといけなかったのでこれは便利!初心者さんにとってもだいぶ敷居が下がったんじゃないでしょうか。と言ってもモンハンワールドで笛吹きが増えた感じは全くしないですが…。

納刀中は表示されないので、移動したモンスターを追いかけてる時や、回復中に楽譜のおさらいが出来ないのが地味に不便です。

演奏後の大型モンスターからのヘイトが上がりにくくなった

これまでは狩猟笛で演奏すると大型モンスターはほぼ100%狩猟笛を狙ってくるようになっていました。このため、戦闘中は一気に追加演奏まで出来るチャンスがなかなか無かったのですが、今回はかなり軽減されています。

体感的には演奏してもヘイト上昇してないんじゃないかというぐらいです。

ストックした旋律効果×3をまとめて吹いて、更に重ねがけなんていうのも結構出来たりします。ゆとりを持って旋律の維持が出来るようになりました!

スタンプの吹き飛ばしが軽減された

スティック入力状態で△+〇を押すと出るスタンプは過去作では味方への吹き飛ばし効果があり、マルチプレイでは気軽に使えませんでした。

今作ではスタンプの叩きつけが味方に当たっても仰け反るだけなのでこれまでよりも気軽に出すことができます。

反面、スティック入力無しで△+〇の後方攻撃が弱体化してしまったため、積極的にスタンプを出さないと火力が出にくくなりました(後述)。

MHWで改悪、弱体化された点

火力が下がった

狩猟笛の火力が低いのは元々の事とはいえ、今回は更に下がってしまったようです…。

今作はモンスターへのダメージが数値で表示される分、ばっちり実感出来てしまいます。

ほかの武器を使ってると手数武器でもコンスタントに20〜30ダメージ稼ぐところを、手数武器じゃない狩猟笛も同じぐらい、強めの攻撃でやっと50程度でやっとだったりします(肉質によります)。気分転換で他の武器使ったりすると狩猟笛の火力の無さを実感します。

特に過去作でメインで使われる事が多かった後方攻撃ががっつり弱体化されているのが痛いです。今作ではスタンプも多めに取り入れるようにしましょう!

今作のスタンプは味方への吹き飛ばし効果が無くなっているので過去作に比べるとかなり出しやすくなっています!

自分強化中の移動速度が遅くなった

狩猟笛の数少ない強みであっただけにこれはかなり辛いです。

最初は「なんか遅くなってる?」って感じる程度だったのですが、いざモンスターと戦ってみると、過去作だったら問題なく頭を狙えたタイミングでも狙った部位に辿り着けない事がかなり多いです。

スラッシュアックスやヘビィボウガン同様抜刀中の移動速度を上げるために回避距離UPのスキルも選択肢に入れなくてはいけないレベルになってしまいます。

私がメインで使ってる装備に回避距離UPは2まで付けていますが、今作は後述する理由によりマルチプレイで頑張って頭を狙う必要もあまり無いため(後述)、好みの問題かなーとも思います。

スタンを狙う意味が無くなった

過去作ではそれなりに意識していれば、4人プレイでもクエスト中1回はスタンをとれていましたが、今作では自分1人でスタンをとるのはかなりキツくなっています

モンハンワールドではマルチプレイの時は大型モンスターの体力が2.6倍になりますが、それと一緒にスタンに必要なスタン蓄積値も2.6倍になってしまうんです( ̄▽ ̄;)

4人でやっているとスタンをとれることは物凄くまれなので、わざわざ頭を狙う必要性を感じなくなりました。

ハンマー使いですらマルチプレイで1人でスタンをとっている人は見たことありません…。

この調整必要だったのか…?100歩譲って狩猟笛はいいにしても、ハンマー使いの方が不憫すぎて…。

と思ってたら3月22日の大型アップデート第1弾でハンマーのスタン蓄積値上昇の調整がされました。

あれ?だったら狩猟笛は?‎( ꒪⌓꒪)

旋律が弱体化した

旋律でのサポート関係が色々と弱体化しました。

まずよく言われているのが攻撃力UP【〇】の弱体化。過去作までは、スキル等で底上げされた状態の攻撃力から+〇〇%分という感じで強化されていましたが、今作はスキル等で強化する前の”その武器元々の攻撃力”のみが対象となります。

また、これまでは聴覚保護【小】を重ねがけした場合は聴覚保護【大】となり、大型モンスターの咆哮大も無効にできましたが、モンハンワールドでは聴覚保護【小】が延長されるだけです。

この仕様変更により、聴覚保護【小】をもつ狩猟笛の使い所がかなり減りました。モンハンワールドでは攻撃力UP【大】と聴覚保護【大】を両方吹ける狩猟笛はありません。

耳栓大好き人間の私にはかなり辛い!!

旋律効果発動時のエフェクトがわかりにくくなった

過去作では旋律効果が発動すると「シュピーン」と明確な音が鳴りました。自分に対してだけではなく、効果を受けた味方の方にも旋律効果が発動した事が明確にわかる様にそれなりに目立つ位置に発動した効果も表示されましたが、今作では音も発動した効果の通知も目立たないので、見方がサポートされている事に気づいてないなんて事も多そうです…。

気絶無効や状態異常無効吹いても見方が雷やられを毎回自分で回復してるなんて事も多くなりそうです(笑)

旋律効果で目立ちたいからとか、サポートして有難がられたいから狩猟笛を始めたという方には寂しい変更点ですね( ̄▽ ̄;)

また、今作では旋律ストック後に演奏開始した後、効果発動するまでの間に回避ボタンを押すと演奏をキャンセルして回避が出来るようになっています。これはこれで便利なのですが(※)「今のタイミングはキャンセルになったの?ギリギリ効果発動したの?」と自分でもよく分からない事もしばしば。はじかれ無効吹いたつもりだったけどキャンセル扱いになってて弾かれて被弾なんて事もありました(笑)

※過去作では1度演奏ボタンを押してしまうと効果発動するまで回避が出来ませんでした

まとめ

全体的に、ある程度使いやすくはなったけど、かなり弱体化したという感じです。

元々狩猟笛を使っている時点で自分自身の火力は諦めているという方が多いとは思いますが、サポート能力まで大幅に弱体化されるとなるとかなり悲しいです…。

個人的に痛いのがスタンがとりにくくなったこと。

サポートするぞー!スタンもとるぞー!と息巻くのが醍醐味だと思っていたので、狩猟笛を使う楽しみが3割ぐらい減った気がしています。゚(゚´Д`゚)゚。

それでも狩猟笛への愛が無くなったわけではありません!

運営がどれだけ狩猟笛を弱体化しようと使い続けます!だって楽しいもん!

これを読んでいる狩猟笛を使った事がない方!

今使っている武器に飽きてきたら、狩猟笛を使ってみませんか!?

意識する事がほかの武器と違うので新しい感覚でプレイ出来るようになるかもしれませんよ!

【モンハンワールド】狩猟笛の基礎の基礎を3分で解説!